2009年05月19日

セフレいろいろ

 絵本の挿絵などで活躍した切り絵作家で版画家の滝平二郎(たきだいら・じろう)さんが16日午前7時22分、がんで死去した。88歳。

 後日、お別れの会を開く。喪主は妻、普美子(ふみこ)さん。連絡先は東京都千代田区三崎町3の2の13の「滝平きりえ版権事務所」。

 茨城県生まれ。太平洋戦争から復員後、本格的な創作活動に。児童文学者の斎藤隆介氏とともに出版した絵本「ベロ出しチョンマ」(1967年)で切り絵による挿絵を担当して脚光を浴び、その後も斎藤氏とのコンビで「モチモチの木」など名作を生み出した。70年に「花さき山」で講談社出版文化賞、74年にモービル児童文化賞を受賞。 詩情あふれる農村風景や庶民の生活を表現した切り絵作家・版画家の滝平二郎(たきだいら・じろう)さんが16日、がんのため死去した。88歳。葬儀は近親者で済ませ、お別れの会を後日開く。連絡先は東京都千代田区三崎町3の2の13秋和ビル「滝平きりえ版権事務所」。喪主は妻普美子(ふみこ)さん。
茨城県生まれ。独学で絵を学び、戦後、故郷の風景などを題材に、農民画の伝統を継いだ骨太な切り絵作品を発表。児童文学作家の故斎藤隆介さんと組んだ「べロ出しチョンマ」「モチモチの木」など、児童書や絵本のロングセラーを世に送った。70年「花さき山」で講談社出版文化賞。
日本生命セ・パ交流戦が19日、各地で6試合が行われ開幕する。パ・リーグ2位の楽天は、Kスタ宮城でセ・リーグ2位のヤクルトと対戦。20日の第2戦の先発が濃厚な田中将大投手(20)は、投げ合いが予想されるヤクルト・由規投手(19)を意識せず、大人の対応で1歳年下の挑戦を受ける。
これも開幕5連勝の余裕なのか。1歳年下の由規の意気込みを、田中は軽くスルーした。

 「ぼくには誰と投げ合うかはわからないですから。由規は燃えている? 勝手に燃えればいいじゃないですか」

 交流戦は予告先発がなく、チーム方針もあって登板日を明かすことはできない。それだけに、あえてそっけない態度を取った部分もあるが、「交流戦も、パ・リーグ相手でも変わらない」という自然体の表れでもある。

 これまで、田中はプロで年下の投手と投げ合った経験はない。昨季、やはり1歳年下の唐川(ロッテ)と対戦する予定があったが、雨天中止により消滅した。3年目にして、初めて受ける挑戦。「貫禄(かんろく)を見せたい? 球は向こうのほうが速いですから」。田中の自己最速が153キロなのに対し、由規は157キロ。そこだけはしっかり意識しているあたりが、マー君らしい。

 「(由規は)仙台が地元ですからね。誰と投げ合うとかよりも、地元でいい投球がしたい気持ちのほうが強いんじゃないですか?」

 田中自身、駒大苫小牧高で3年間を過ごした北海道・札幌ドームでいい投球を見せたい気持ちがあることから、由規のやる気もよくわかる。その上で、堂々と若武者の挑戦を受けて立つ。
posted by もも at 11:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

セフレ音楽

ヒップホップ(hip hop)は1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区で、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化、またはサブカルチャー。

アフリカ・バンバータによる造語であり、「アフロ・アメリカンが、それ以外の文化(音楽、ファッション、アート)を取り入れ、新しいスタイルを生み出すこと」をヒップホップと呼称したのが始まりである。 これは1974年11月12日のことだったとされ、この日がヒップホップの誕生日である。この事から、11月を「Hip Hop History Month」として祝う習慣がある。

単に「ヒップホップ」と言った場合、文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックに、MCによるラップを乗せた音楽形態を特に指すことが一般化しているが、これらは本来はヒップホップ・ミュージックあるいはラップ・ミュージックと呼ぶのが正しい。

posted by もも at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

セフレ土下座

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵が9日、初主演映画『上島ジェーン』(マッコイ斉藤監督)の初日舞台あいさつを東京・シアターN渋谷で行った。単館レイトショー上映の初回100席は完売したが、上島が「このヨゴレ芸人助けると思って、お願いします」と観客に土下座でアピール。これには「映画を観たサーファーにボッコボコにされてほしい」と毒舌を吐いていた共演の有吉弘行も「50歳になろうという大人が土下座しているので、本当にお願いします」と頭を下げた。


 同作は「僕がサーファーだったらきっとこんな人生だったろう」(上島)という仮定に基づいたサーフドキュメンタリー。大会優勝経験もあるサーファーで、映画初出演の清宮佑美は「上島さんより、有吉さんのほうがサーフィンをしていた。『有吉ジェーン』ではないかと思っている」と辛口コメントで笑わせた。

 サーフィンで波に乗れなくても、興行成績が波に乗れば「製作会社も監督も次を考えてもいいという感じになっています。ぜひ、やりたい」と上島。次回作に並々ならぬ意欲を見せていた。

posted by もも at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

セフレ野球

(セ・リーグ、巨人3x−2横浜、5回戦、巨人4勝1敗、6日、東京ドーム)新1、2番コンビが機能した。この日まで打率・390でリーグトップをひた走る絶好調の坂本が、昨年6月12日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来で、今季初の1番に座った。2番は今季4度目のスタメン出場となった松本だ。


 「併殺打はないと思って監督は打たせてくれたと思うので、期待に応えることができてよかった。2番打者として後につなげられたことがよかったです」

 一回。坂本が四球で出塁すると、続く松本が意地を見せた。カウント2−2からの5球目、マストニーの123キロのカーブを振り抜いた。右翼線適時三塁打。坂本が全力疾走で本塁へ走り込み、貴重な先制点を挙げた。続く小笠原の一ゴロの間に松本も生還し、いきなり2点。坂本&松本のコンビが、原監督の期待に応えた。

 2番としては初のスタメン出場となった松本は、これがプロ初打点。昨年5月31日のソフトバンク戦でプロ初スタメン出場を果たしたが、初打席で一塁に走った際に右足首を骨折。たった1試合で2軍へ逆戻りした。

 「もらったチャンスは絶対に生かしたいと常に思っています」。出場機会に恵まれない松本だが、強気の姿勢がこの一打につながった。

 先発の高橋尚は、三回までに6三振を奪うなど好投を見せたが、四回と五回に内川と金城に本塁打を浴びて同点とされ、7回5安打2失点で降板した。

 新1、2番コンビの先制攻撃でゲームの流れをつかんだかに見えた巨人だったが、高橋尚が踏ん張りきれず。試合は2−2のまま九回裏に突入。ここで試合を決めたのは先制のホームを踏んだ絶好調男の坂本だった。九回から登板した横浜・真田の2球目の内角高めのボールを引っ張り、高々と上がった打球はプロ初となるサヨナラ本塁打となった。

posted by もも at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

セフレサクラ

遊園地「多摩テック」(東京都日野市)で、花が緑の「御衣黄(ぎょいこう)桜」が見ごろを迎えている。


 御衣黄桜は、桜の一種のサトザクラ科。黄緑色の八重の花が咲き、淡黄色、紅を帯びた色へと変化する。江戸時代に京都の仁和寺で栽培されたのが始まりとされる。貴族の衣服のもえぎ色に似ていることから、この名前が付けられた。

 多摩テックは9月30日に48年の歴史に幕を閉じる予定で、「(御衣黄の)移植先は決まっていないので、今年、美しい花を楽しんでほしい」と呼びかけている

posted by もも at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。