2009年04月23日

セフレいかなきゃ

丸井は22日、24日午前10時にオープンする東京・新宿の「新宿マルイ本館」の内覧会を開いた。消費不振が叫ばれる中、マルイの新宿本館の誕生は、国内最大の商業集積地である新宿の百貨店戦争を一段と過熱させる引き金ともなりそうだ。

 新宿地区では昨年春の東京メトロ副都心線の開業以前から、各百貨店の大型投資が相次いでいる。伊勢丹新宿本店の過去最大級の改装を皮切りに、高島屋新宿店が続き、今回の新宿マルイ本館のオープンにより、大型投資が出そろう格好だ。

 新宿本館について丸井は「家庭、職場に次ぐ第三の場所(サードプレイス)」(浅田恭平新宿マルイ本館店長)と位置付けている。顧客へのアンケートなどをもとに、店内に多くの植物や休憩所を設けた一方、広めのトイレなどを充実させた。

 屋上には英国式の庭園も設置したほか、幅広い年代の女性向けにさまざまな生活スタイルに対応したショップを導入。アパレル関連を全体の半分以下に抑え、生活雑貨やインテリア雑貨を拡充したのも特徴だ。

 ただ、現在の消費不況で、百貨店は光明を見いだせない状況になっている。専門店の集積する業態とはいえ、消費者からみれば丸井は百貨店に近い存在だけに、厳しい船出となるのは間違いない。

 伊勢丹新宿本店をはじめとする他の百貨店や量販店との競合について、丸井の川下雄司社長は「われわれの業態は百貨店や量販店とは違う」と強調したうえで、「新宿は商業集積地として今後の発展がさらに期待できる。新宿全体で考えれば(マルイ新宿本館のオープンで)集客力が上がる」と強気の姿勢を見せた。

 商業地としての新宿のポテンシャルの高さを前提に「独自性を出しながら、十分にやっていける。決して過剰投資ということはない」(川下社長)というわけだ。

 もっとも、伊勢丹新宿本店をはじめ他の百貨店の消費不振は深刻化しており、昨年末以降、前年同月比で10%以上の大幅な売り上げの落ち込みが続いているのが現状だ。

 消費者の目がさらに厳しくなっている今、新宿全体の集客がアップしても、実際の買い物はマルイや他の百貨店の間で綱引きとなるのは間違いない。各店がそれぞれの個性をいかに購買につなげるかが、競争のカギとなりそうだ。(兼松康)

posted by もも at 16:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

セフレお小遣い

みんなが学生のときって
おこづかいどれくらいもらってたの?
うちはおこづかい制度じゃなかったから
みんながうらやましかったなー
ただほしいときにほしいだけもらうみたいな感じだった。
まわりはそれをいいなっていってたけど
おこづかいとかにちょっとあこがれてたんだけどなー
posted by もも at 14:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

セフレげっちゅ

こうして私はたけちゃんとセフレになりました。
もちろん今でも主人に隠れて。。。

もう夏なのでエッチをしていたらあつくなりますねーー^^

夜も網戸くらいが丁度いいくらいです。

さすがにクーラーはちょっと早いかなってうゆう感じですしね^^

posted by もも at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

セフレのたけちゃん

「奥さん、いい具合だ・・・気持ちいいよ・・・」
「私も・・・おま○こ、気持ちいい・・・」

「奥さん、俺・・・もう・・・」
「あぁぁ・・・まだよ、まだよ・・・」

「俺・・・だめだ・・・」
「あぁぁ・・・中に・・・」

たけちゃんのモノが大きく痙攣しました。

ドクドクドクドク・・・。

「あぁぁ・・・出てる・・たけちゃんのが出てる・・・」

次の瞬間、私の腰も大きく飛び跳ねました。

「ああああああああああああああああああああ」

ビクンビクンビクンビクン!!!
私の腰が、別の生き物のように躍動していました。

「奥さん、最高です」

たけちゃんは、私の唇を自分の唇でふさいできました。
長いキスのあと、唇が自由になったわたしは言いました。

「私も・・・すごくよかったわ・・・」

そしてまた唇を重ねました。

「奥さん。もう一回・・・したい・・・」
「私も・・・」



posted by もも at 17:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

セフレ見ぃつけた♪

「奥さん、ほんとにスケベですね」
「だって、たけちゃんが・・・」
「俺のせいなの?」
「違う???」
「だって、指だけでこんなに・・・」
「・・・」
「今度はほんとに入れてあげるからね」

私かたけちゃんのモノを握りました。

「やっぱり奥さんはスケベだ」
「・・・」
「これがほしくて仕方ないんだ」
「・・・」
「こんなに濡らしてるくせにもっとしたいんだ」
「たけちゃん・・早く・・・」

私はたけちゃんを引っ張りました。

「わかったよ。スケベな奥さん」

たけちゃんは私の両脚を左右に広げて、
ペ●スを押し入れてきました。

ずぶずぶ〜〜〜。

「あー、入ってる。たけちゃんのちんぽ・・・」

ゆっくり奥まで押し込んできました。

「あぁぁ・・・」
posted by もも at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。